草食系男子はモテる

恋愛に対して積極的にコミットしない男性を
俗に
「草食系男子」
といいますが
私は草食系男子でも
モテると断言します。

巷でありがちな
草食系男子はモテない論を
論破していこうと思います。

1. 女性を口説こうとしないからモテないに対する反論
草食系男子は
女性をすぐに性の対象とみるような
チャライ付き合いに対して嫌悪感を抱いているので
お付き合い=真剣
以外ありえません。

なので
相手の女性がどのような人なのかを
まず観察するという習慣があります。

つまり裏を返せば
普段安易に口説こうとない草食系男子が
珍しく女性に近づこうとしているときは
「十分に観察した上で検討した。
その結果、あなたは他の女性とは違う。
特別な存在という結論に至った」
という意味あいになります。

女性は
「自分にしかみせないギャップ」
というのに
とても弱いので
モテるというわけですね。

2. 草食系男子は慎重すぎるに対する反論
1でも述べたように
草食系男子は恋愛に対して
とても慎重です。

しかしこれは裏を返せば
「浮気をする可能性が限りなく低い」
ということです。

1の段階でマッチングした女性を
とても大切にしたいという思いは
肉食系と比較して相対的に強いでしょう。

女性は
「自分だけを大切にしてくれる男性」
に弱いので
女性にモテるというわけですね。

3. 草食系男子って仕事できるの?に対する反論
個人的には草食系男子は
優秀なビジネスマンになる
適性が高いと思っています。

なぜならば
「好きな女性から振られて傷つくリスク」
をヘッジするために
・本当に相手の女性は自分とうまく付き合っていけるのか
・その女性に好きになってもらうために、まず相手を観察する
という行動を行なっているということは
行動経済学でいう
「リスク回避性向」
がとても強いといえます。

ビジネスで成功するためには
何をやるべきかを決める前に
「リスクの要因を取り除く」
つまり
リスクヘッジを行うことが
必要不可欠です。

女性は
的確にリスクヘッジができる
優秀なビジナスマンが好きなので
モテるというわけですね。

【まとめ】
草食系男子は肉食系男子には無い魅力がある。