「自信が持てない自分」に自信を持っていい

最近、羽生善治さんの
「迷いながら強くなる」
という本を読んでいて
印象に残った文章が
ありました。

 

「どうしたら自信が持てますか?」

と聞かれる時があります。たしかに自信を持っていれば不安な状態にはならないですし、迷うことも少ないと思います。

しかし、難しい問題や困難な課題に直面をした時に自信が持てないのは、きわめて自然なことだと思えます。

裏を返せば、いつも自信を持っている人がいるとすれば、それはその人が不安を覚えることがないくらい簡単なことしかやっていないのでしょう。

半信半疑という言葉がありますが、向上をしていく時に必要な状態というのは、こういう「自信半分・疑い半分」という心持ちで十分だと思っています。

 

これはなるほど

その通りだなと思いました。

設定によって
難易度が変えられる
ゲームで例えてみます。

いつも自信を持っている人というのは
イージーモードをクリアしているにも関わらず
そのモードのままゲームをプレイしている人

自信が持てなくなる瞬間というのは
イージー→ノーマル
というふうに
難易度を上げた時ですよね。

敵が強くなったり
アイテムが取得しにくくなったりするわけですから
当然のことながら
今までのイージーモードのような心境で
プレイは出来ないでしょう。

「クリアできるのだろうか?」
と半信半疑になるのは自然なことです。

でも、
慣れてくるにつれ
そのノーマルモードでもクリアできれば
「じゃあ、次はハードモードに挑戦してみよう」
となり、また似たような心境(半信半疑)
となるわけです。

つまり、
自分にとって難易度の高い課題に挑戦している人
(つまり上昇志向の高い人)
はつねに
「半信半疑」
な心境が当然多くなるわけですから
「自信が持てない」
ということをコンプレックスだと思う必要はないわけです。

【まとめ】
自信が持てないということは、あなたが成長しようとしている証拠。

 

羽生善治「迷いながら、強くなる」

https://www.amazon.co.jp/%E8%BF%B7%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89-%E5%BC%B7%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B-%E4%B8%89%E7%AC%A0%E6%9B%B8%E6%88%BF-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D-%E7%BE%BD%E7%94%9F-%E5%96%84%E6%B2%BB-ebook/dp/B00PAF55ZU/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=