漫画「君たちはどう生きるか」がスゴ本だった件

最近
漫画「君たちはどう生きるか」を
読みました。

 

この漫画は
主人公の少年コペル君が
世の中のあらゆる現象について
自分なりに考察したこと
また
友達との交流や葛藤を通じて
体験したことなどを
「おじさん」と手紙を通じて
シェアすることによって
成長する姿を描いた作品です。

ネタバレするので
内容は割愛しますが
私がこの漫画を読んで
得られた教訓を
記事にしたいと思います。

1. 学び続けることの大切さ
この漫画で描かれている
「おじさん」
は読書が大好きで教養があるという設定になっています。

コペル君は
子供ながらの純真な心で
あらゆる事象を不思議がって
おじさんに相談します。

ただ、おじさんは
ヒントは提供しますが
明確な答えをあえて出しません。

なぜならば
それは
「コペル君自身が考えないといけないこと」
だからです。

おじさんとの手紙を通じて
必死に切磋琢磨して
時には死ぬくらいまで落ち込みながらも
成長するコペル君の姿をみて
私自身ももっと勉強しないといけない
と思いました。

2.人をお金で評価してはいけない。

この漫画で描かれているおじさんは
「人をお金で評価する人」
をとても軽蔑しています。

世の中の大半の人は貧乏ですが
経済というのは
そういった方々が
公のために
「はたをらくにする」
ことで循環しています。

なので
コペル君に対しても
人を収入や身なりで評価する
愚かさを説きます。

私もこのおじさんと同じ考えです。

お金があるからといって
高級車に乗りながらふんぞり返り
高級ブランドをジャラジャラつけて
貧乏人を見下すような態度を取っている人を
私も軽蔑します。

お金があまり無かったとしても
油まみれになりながらも
ワクワクしながら働いている
町工場のおっちゃんとか
読書をして
歴史などの教養を高めて
知性を磨いている人の方が
尊敬に値します。

3. 後悔をしない。「今度こそ」という前向きさ
コペル君は友達を裏切るような行為をしてしまい
自殺を考えるほどに落ち込んでしまいます。

それほどまでに落ち込んだ
コペル君ですが
その中であることを悟ります。

「友達を裏切る行為は反省して謝罪をしないといけない。
ただ、そういう体験があったからこそ
次は絶対に友達を裏切らないと前を向くことができるんだ」
という考えにいたり
復活をはたします。

【まとめ】
みなさんもぜひ
漫画「君たちはどう生きるか
を読んでみてください。

そして
あなたがどう生きるのか
あなた自身で
考えてみてください。

 

漫画 君たちはどう生きるか

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4838729472/ref=s9u_ri_gw_i2?ie=UTF8&pd_rd_i=4838729472&pd_rd_r=ea65044c-f402-11e7-92ef-cf02451d2cf6&pd_rd_w=NhqAM&pd_rd_wg=OLn3W&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=&pf_rd_r=BR0RYY4BNF7GYSRW606W&pf_rd_t=36701&pf_rd_p=ea42ab62-893a-4118-a546-333606787199&pf_rd_i=desktop